2003年11月 6日
クワンティ株式会社
日本アイ・ビー・エム株式会社

Linux環境で強固なセキュリティーと容易な修正作業を実現
― 技術者の対応作業等を大幅に軽減するソリューションを提供 ―


クワンティ(大阪府大阪市、社長:寺澤陽一郎)と日本IBM(東京都港区、社長:大歳卓麻)は、データセンター事業者およびインターネットによる事業展開を行っている企業向けに、Linux環境で強固なセキュリティーの確保および、修正プログラム(パッチ)適用作業等の膨大なシステムの管理運用を安価に、かつ容易に実現するソリューションの提供で協業していきます。

数十台、数百台レベルでのインターネット、イントラネット系のシステムを管理・運用、各種ビジネス展開を行っているお客様企業において、個々のサーバーに対するセキュリティー対策の実施、継続的なメンテナンスには膨大なワークロードが必要な場合が多く、より高度な技術者の配置やシステム運用・保守体制の見直しが求められています。また、ファイアウォールやウィルス対策とともに、セキュリティー・ホールに対する的確な対応の必要性が再認識されており、技術者による修正プログラム(パッチ)適用作業にも多くのワークロードが掛かっている状況になりつつあります。

両社は、インターネット、イントラネットのインフラとして急速に需要が拡大しているオープンソースのOS(オペレーティング・システム)であるLinuxに対して、日々レポートされる不具合と各種修正プログラムの適用を迅速かつ適切に実施するための自動化ソリューションを両社製品を組み合わせることで実現し、システム運用者・管理者の方々の生産性を飛躍的に向上させます。

具体的には、クワンティは、同社の修正プログラム(パッチ)適用支援ツールである「Qlocエンジン」を提供し、高度なセキュリティー・レベルの確保・維持と、膨大なシステム運用・利用の利便性向上を支援します。日本IBMは、既に基幹サーバーとして多数の実績を持ち、耐障害性・信頼性の高い同社のIAサーバーである「IBM eServer xSeries」を当該システムのプラットフォームとして提供します。また、日本IBMが本年9月に開設したLinuxコンピテンシー・センター(東京都中央区日本橋箱崎町、日本IBM箱崎事業所内)を活用し、各種事前テスト・検証作業を支援します。当ソリューションは、日本IBMのビジネス・パートナー等を通じて販売していきます。

「Qloc Engine」を用いることで、保守対象システムの管理者がテスト環境等で動作確認済みのパッチや、業務アプリケーションとRed Hat Enterprise Linuxとの同時適用が必要なパッチを合わせて保守対象サーバへ自動適用させることができるため、システムを常に安全な状態に保つことが容易になり、同時にパッチの適用漏れなど人的ミスの排除、保守作業労力の大幅削減を図り、運用効率を向上させることが可能になります。

なお、両社は今後、主にデータセンター事業者等に対して広く提供していきます。また、ソフトウェア各社との協業を推進する予定で、インターネット、イントラネットにおけるデータベース、バックアップ、セキュリティー業務系等の各アプリケーションとの連動を促進、システムの運用者、利用者の利便性向上を支援していきます。


以上

 

Qlocエンジンについて

Qloc Engine(クロック・エンジン)は、Linuxディストリビューターから提供されるセキュリティホール・パッチをシステム管理者になりかわり取得し、自らのシステムに適用するサーバ組み込み型エンジンです。Linuxディストリビューションから提供されるセキュリティホール・パッチの自動適用外を設定することが可能で、稼動中のシステムへの影響が懸念されるパッチの適用による問題を回避しています。また、システム管理者が動作確認を行ったセキュリティホール・パッチや、ユーザの独自システムの修正内容や機能拡張といったユーザ独自のパッチも適用する機能、Qloc Engine同士の通信によりパッチ適用開始の連動機能などを持ちます。

Qloc Engineは、Linuxベースシステムの保守で人的作業を軽減すると同時に、高いセキュリティレベルの維持が可能となり、官公庁や企業でLinuxの導入が進む中、懸念されるLinuxシステムエンジニアの不足、不正アクセスによる情報漏えいなどといったセキュリティホールに起因する問題の対策に役立ちます。 Red Hat Enterprise Linux、red hat Linux 7.2、7.3、8、9、Turbo Linux Enterprise Server 8 powered by UnitedLinuxに対応しており、SuSE Linuxなどにも対応予定、IDCに加えサーバを構築・運用するシステムインテグレータやOEM供給も行なわれます。

IBM、e-businessロゴ、eServer、xSeriesは、IBM Corporationの商標です。Qwanty、Qlocは、Qwanty Corporationの商標です。LinuxはLinus Torvalds氏の商標または登録商標です。Red Hatは、Red Hat, Inc.の米国およびその他の国における登録商標あるいは商標です。UnitedLinuxはUnitedLinux, LLC.の登録商標あるいは商標です。その他の社名、製品名は、それぞれ各社の商標または登録商標。

<お問い合わせ先>  
報道関係者:  
クワンティ 窓口 Tel: 06-4803-8630  e-mail: office@qwanty.com
日本IBM 広報 霜出(しもいで) Tel: 03-5563-4277  e-mail: shimoide@jp.ibm.com
お 客 様:  
日本IBM  ダイヤルIBM Tel: 0120-04-1992
   
<ホームページ>  
クワンティ・ホームページ http://www.qwanty.com/
Qloc Engine 関連情報 http://www.qloc.net/
日本IBMトップページ http://www.ibm.com/jp/
プレス・リリース http://www.ibm.com/jp/NewsDB.nsf/press
IBM eServer xSeries関連情報 http://www.ibm.com/jp/servers/eserver/xseries/

 



Copyright(c)2003 Qwanty Corporation All rights reserved. クワンティ株式会社